読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

抹茶白玉庵

観たものや読んだものの記録。

るろうに剣心 京都大火編

明治初期、人斬り抜刀斎を引き継いだ志々雄真実(藤原竜也)は京の町を荒らしていた。手を焼いていた政府は剣心(佐藤健)に討伐を依頼する。世話になっている神谷道場を離れ京都に行くことに。

前回の映画が出会いから事件、解決までが一気にあったのでなんだかあっさりした印象にたいして、この京都編はテンポよく進んで飽きずに観れました。神木隆之介くん演じる宗次郎イイ!ぴったんこ。藤原竜也くんの志々雄もハマりすぎて怖い。志々雄が分身の術と見せかけて似せた手下をブワーと出したところはちょっと面白かったよ。

私は志々雄に同情派です。