読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

抹茶白玉庵

観たものや読んだものの記録。

テッド

ジョン(マーク・ウォルバーグ)は子どもの頃ひとりぼっちだった。友達が欲しくて欲しくてテディベアに親友になってくれるように願ったところ、ウッカリ叶ってしまう。大人になっても一緒の二人は悪ふざけばかり。長年連れ添った彼女にも愛想をつかされそうで、不良中年のクマを取るか勝ち組で美人の彼女を取るか迷うジョン。

彼女役のミラ・クニスが小悪魔っていうか悪魔?悪女?*1っぽくてすんごく可愛いです。お下劣映画ってイメージしかなかったけど、これがなかなかどうしてヒューマンドラマちっくに収まってるじゃないですか。しゃべれるクマを世間から隠さずにむしろオープンなところが新しいなって思いました。

*1:いや、むっちゃいい子です。