抹茶白玉庵

観たものや読んだものの記録。

モンテーニュ通りのカフェ

モンテーニュ通りのカフェ [DVD]

モンテーニュ通りのカフェ [DVD]

パリにあるシャンゼリゼ劇場では毎夜オペラ、クラシッック演奏会、オークション、芝居とありとあらゆる芸術が繰り広げられていた。そんな界隈で知る人ぞ知るカフェがあった。ジェシカ(セシル・ドゥ・フランス)はパリに憧れて上京。そのカフェで働きたいけど、男性がギャルソンという社会でつっぱねられながらも働いていく。オムニバス形式の映画。

劇場関係の様々な商業の人たちが出てきます。このジェシカがほんといい子。日本でいうと朝ドラのヒロインみたい。見かけは彫刻のように美しいけど!ピアニスト役のアルベール・デュポンテルがどっちかっていうとテロリストみたいな風貌なんですが、これまたかっこいいんだ。

ただでさえフランス映画ってハリウッドと違ってザ・エンターテイメントっていうよりか、人の生活を切り取ったみたいな唯一無二な感じで大好きなんですが、さらにオムニバスなのでお得感が半端ないです。