読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

抹茶白玉庵

観たものや読んだものの記録。

鴨川ホルモー

鴨川ホルモー (角川文庫)

鴨川ホルモー (角川文庫)

京都大に2浪の末やっと進学した安倍は葵祭バイトの帰りに不思議なサークルに勧誘される。気になる女の子もいることだし、いっちょ参加してみるかと入ってみるとそれは1000年の歴史を引き継ぐ儀式を行うサークルだった。

うっかりパブリックで読んでしまったので、笑わないように下唇噛んだりしながら読んでました。京都という場所柄か、なんだかそういう世界があっても不思議じゃない気がしてくるからこれまた不思議です。オニ語の習得は果てしなく難しそうだけど、京大生ならクリアできそうな気がします。ホルモーは4校対決なあたり、ハリー・ポッターのクィディッチ京都版って感じでしょうか。*1

森見登美彦さんの作風にちょっと似てるかな。万城目さんがよりファンタジー要素が強いのかな。どちらの作品も日本の大学生っていいなーって思えてきます。

*1:全然ちがう。