抹茶白玉庵

観たものや読んだものの記録。

桶川ストーカー殺人事件

桶川ストーカー殺人事件―遺言 (新潮文庫)

桶川ストーカー殺人事件―遺言 (新潮文庫)

ごく普通の女子大生がストーカーによって殺害された。警察のずさんな捜査に対抗して犯人を割り当てた週刊誌の記者によるノンフィクション。

どんな組織にも闇があって、それは警察も例外じゃないってことが如実に表れている作品。清水さん、よくぞ世に出版してくれたなぁ。読み進めていくうちにもう怒りしか感情が出てこなくて、これが実際に行われてたかと思うと虚しさもこみ上げてくる。

クズはどこにでもいるので、やはり自分を守るのは自分でしかないのかと。自戒の意味も込めて。