読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

抹茶白玉庵

観たものや読んだものの記録。

エトランジェ伯爵の危険な初恋

シリーズ2作目。メイフェアスクエア7番地に下宿するスマイルズ姉妹は生活するのも四苦八苦。妹メグはとあるご縁で高貴な方の教育係になるが、その兄上に好意を持たれてる・・・?

髪を染めるのが破廉恥な時代、はまだわかるんですが、マスカラをしてまつげを長く見せるのも蓮っ葉なことだったんですね。いやむしろマスカラがあったんですね、ということに驚きを隠せません。

「高貴な位の男性が卑しい身分の女性」に恋をするという万国共通の定石パターンですが、前作に引き続きこちらでもやはり男性が見下す見下す。当然っちゃ当然ですけどね。ジャン・マルクも自分の気持ちに気づいてからというものの、うまく伝えられないあたりがいいですね。亡霊スピヴィが今回も笑いを誘います。

いやー、どの時代も女性はなんだかんだで気が強いです。