抹茶白玉庵

観たものや読んだものの記録。

K−20 怪人二十面相・伝

K-20 怪人二十面相・伝 通常版 [DVD]

K-20 怪人二十面相・伝 通常版 [DVD]

時は第二次世界大戦が回避されて軍事国家だったままの日本、1949年。とあるサーカス団員の青年(金城武)がお騒がせ大泥棒怪人二十面相として捕われた。本物の二十面相を探すために奔走する。

おお、和のエンターテイメント!バリバリの軍事国家でドイツの影響か、ところどころドイツ語表記なのも芸が細かい。松たか子さんの「ザ・お嬢様」っぷりもいいですねぇ。*1

セットや小物に目を奪われつつも、しっかりストーリーも楽しめます。「キャー!のび太さんのエッ◯ー!」なんてシーンもちゃっかりあったりします。大人から子供まで楽しめるのでは。音楽もよし。

しいて言うならもうちょっと要潤くんを観たかった。。

*1:わたしの「ザ・お嬢様」定義はおっとりでかつ大胆、物怖じせずに突拍子もないことをするけど憎めないあのコ、です。