読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

抹茶白玉庵

観たものや読んだものの記録。

アイスクリン強し

アイスクリン強し (講談社文庫)

アイスクリン強し (講談社文庫)

明治23年、洋菓子屋を営む青年と元旗本の跡取りであった警官たちの謎解き。

明治で洋菓子作って生計立ててるっていう題材も設定もいいんだけど、これといってイマイチ何か面白いってわけでもなく…。キャラが弱いというか、誰が喋ってるのか分からない。いくら明治の世になったからといって旗本の息子と下町の孤児の子が幼馴染になったりするんかいな。ヒロインも我が強くて可愛げがあまりなく、感情移入できず。お菓子のことももうちょっと絡んでくれてもよかったかも。次作は読むかどうか、うーむ。普段時代小説読んでる人には物足りないかも。