抹茶白玉庵

観たものや読んだものの記録。

おばさん未満

おばさん未満 (集英社文庫)

おばさん未満 (集英社文庫)

お姉さんからおばさんへの脱皮を自虐的に解釈。

はいはい、「負け犬の遠吠え」を書いた作家さんなんですね。10年くらい前の本なので、また現在で言う「アラフォー」とはちょっと違い、いわゆる「四十路」について真剣に悩んでおられます。アアッそんなにそこまでして自虐的にならなくても!と心配になるほど細部までに老化について語る酒井さん。*1ですが、自虐的でも極めて明るくユーモラスに綴っています。

日本には「身の程をわきまえる」やら「身の丈」やらやたらと世間体を気にする文化なので欧米みたいに「年齢なんて関係ない!自分らしく!」なんてなれやしないよっていうところにウンウンと頷いてしまったよ。

まあ、でも確かにある程度の歳になったら美容っていうか健康意識しちゃうよね。

*1:そんな同年代の友達の口臭まで気にしなくても。とか。