抹茶白玉庵

観たものや読んだものの記録。

隠密味見方同心 6

シリーズ6作目。

表題作の鵺の闇鍋もそうだけど、他の章のおかまうどんも笑えますねぇ。毎回よくこんなへんてこなの思いつくなぁと感心します。物語の中で魚之進が兄・波之進の仇を取ることももちろん出てくるんですが、進展がなかなかないままだったのに、今作では一気に急展開。ああ、「この世の物とは思えないうまいもの」ってそういうことかぁ、と。確かに当時の人たちからしてみると、食べたことのない味ですよね。怪しかったあいつも相応の終わり方を遂げたし、黒幕に向けてさらに進むかな?